中国の紙幣が、世界で一番汚いお金だという衝撃的な記事が!
現金の清潔度を調査している団体なんかがあるそうで、そこが公表したようです。
その団体自体も、ちょっと珍しいというか、初耳ですよね~。

果たして、利益を得ているんだか・・・。
で、それらの団体の調査結果、中国の紙幣からは、
18万個~180万個もの大量の細菌が検出されたんだそうです!

しかも、その細菌の中に、大腸菌とかサルモネラ菌なんていう、
悪名高い有害な細菌まで含まれていたというんですから、もう・・・。

海外旅行で、お金触るのが怖くなってしまいますね・・・。
大腸菌とかサルモネラ菌って、明らかに体調が悪くなりそう・・・。

中国政府もお金の除菌等を実施しているようですけど、
全然意味はないようですね~(^_^;)

アメリカなんかだと、細菌ではなく麻薬らしいので、
それはそれで危険な感じですよね・・・。

特に、ワシントンで入手した紙幣のうち、
95%の紙幣からコカイン検出だったらしいです。

アメリカは、やはり麻薬がすごいんですね。
日本の紙幣は、1000円札から440個もの細菌がでたらしく、
これまた決して綺麗なお金ではないことがわかったそうです。

でも、中国に比べてしまうと、可愛いものに思えて来ますよね。
中国の細菌は、桁外れてで、全然比べ物になりませんね。

Comments are closed.

Theme by RoseCityGardens.com